【ゲスト】結婚式で兄弟・姉妹の服装は?基本マナー | ブライダルマガジン | 【公式】阪急ウェディング ブライダルサロン | 関西/大阪で人気の高級ホテル・おしゃれゲストハウス 結婚式場探し

結婚式・披露宴

【ゲスト】結婚式で兄弟・姉妹の服装は?基本マナー

兄弟姉妹の結婚は喜ばしい反面、結婚式ではどのような服装にすべきか悩みがち。


特に服装のマナーを間違えてしまうと、式の主役である兄弟姉妹に迷惑をかけてしまう可能性も。


そこでこの記事では、兄弟姉妹の服装マナーについてご紹介していきます。

結婚式の兄弟・姉妹の服装はここに気をつけて!

結婚式の兄弟・姉妹の服装はここに気をつけて!

まず始めに、兄弟姉妹の結婚式に出席する際に気をつけたいポイントを3つご紹介します。

 

親族の服装は新郎新婦の品格を問われることもあり、知っておきたいマナーや注意しておきたいポイントがあります。

 


ポイント1:両親の服より一つ格式を下げるとGood! 

 

新郎新婦の両親の服装は正礼装が基本です。

 

正礼装は最も格式の高い服装のことで、以下のような服装を指します。

 

男性:モーニングコート、燕尾服(えんびふく)

女性:アフタヌーンドレス、イブニングドレス、和装であれば黒留袖が正礼装

 

また、兄弟姉妹の服装は正礼装ではなく、準礼装・略礼装を選びます。

 

なお、神前式など和装でのお式の場合、兄弟が和装を着てしまうと新郎と勘違いされる可能性があるため、和服での出席は避けた方が無難です。

 

ポイント2:派手になりすぎない服装

 

結婚式の主役は新郎新婦です。新郎新婦の親族の立場で出席する場合、派手になりすぎない服装を心がけましょう。

 

結婚式はおめでたい席ですから華やかさも大事ですが、あまりに華美な服装は避けた方が無難。きちんとした印象を与えたいところ。

 

ポイント3:両家で格式は揃える

 

最後のポイントは、両家で服装の格式を揃えることです。

 

両親は正礼装、兄弟は準礼装など服装の格をそろえて差が出ないようにするのは大切なポイント。ちなみに、和服と洋服で分かれるのはOK!

 

両家で事前に話し合っておくと安心です。

【和洋別】結婚式での服装の具体的なポイント

【和洋別】結婚式での服装の具体的なポイント

先ほど、服装で気をつけたいポイントに「格式を揃える」というものがありました。しかし格式を揃えると言っても、具体例がないとわかりにくいもの。

 

ここでは、兄弟・姉妹の服装選びの具体例やポイント、マナーをご紹介します。

 

兄弟の場合

 

兄弟の服装は、新郎や父親よりも控えめな準礼装・略礼装を選びます。


●    昼の準礼装:ディレクターズスーツ

●    夜の準礼装:タキシード

●    略礼装:ブラックスーツ、ダークスーツ

 

男性の準礼服は時間帯によって、ディレクターズスーツかタキシードと変わり、タキシードは正礼服とする場合もあるので気をつけましょう。

 

とはいえ、現在は略礼装を選ぶ方がほとんど。

略礼装のブラックスーツは昼夜問わず着用できます。そして若い世代ではダークネイビー、ダークグレー、チャコールグレーといったダークスーツを選ぶことも。

 

ただし、ダークスーツはビジネススーツとの違いがわかりにくくなってしまうこともあります。


他のゲストの方と差別化するために、よりフォーマル度高く見える装いとして


ホワイト系もしくはシルバー系のネクタイを選んだり、ポケットチーフで華やかさを出したり、


ベストを加えた“スリーピーススタイル”にするなど工夫をすると良いでしょう。

 

姉妹の場合

 

姉妹の服装は、準礼装や略礼装、和装が一般的です。

 

●    昼の準礼装:セミアフタヌーンドレス

●    夜の準礼装:カクテルドレス

●    略礼装:フォーマルワンピース

 

女性の準礼服も、セミアフタヌーンドレスかカクテルドレスかと昼と夜で準礼服が変わります。

 

また、ドレスは落ち着いた色がよく選ばれますが、新郎新婦のカラードレスと色が被らないようにするとGOOD!

 

ただし、新郎新婦以外が白色のドレスを着るのはマナー違反になるので注意して。そして、膝下の丈など露出は控えめに。ボレロやショールを羽織っても良いでしょう。

 

●    未婚女性:振袖、色留袖

●    既婚女性:黒留袖、色留袖

 

和装の場合は、未婚女性は振袖や色留袖、既婚女性の場合は黒留袖や色留袖を選びます。訪問着は色留袖より格が下がるため親族である姉妹の和装には避けたほうが良いでしょう。

 

また、年齢や地域の風習によってはどのお着物が適切か変わるので、事前によく打ち合わせを。

 

学生の場合

 

兄弟姉妹が学生の場合、制服がある場合は学校の制服での出席で問題ありません。

学校の制服は礼服としての役割を兼ねています。

 

もちろん、スーツやドレスの参加もOK!

服装を整えて最高のお式を!

服装を整えて最高のお式を!

新郎新婦の服装は、両家の印象を左右する大切なもの。

 

式に華を添える華やかな装いはもちろん、主役の親族としてふさわしいマナーを押さえた装いが必要です。

 

新郎新婦より目立たず、両親より控えた装いを心がけましょう。

 

新郎新婦を祝う気持ちと、ゲストをもてなす気持ちを込めた、素敵な装いで大切な兄弟姉妹の思い出に華を添えましょう。



まとめ

結婚式での兄弟・姉妹の服装をご紹介しました。基本的には準礼装や略装がおすすめです。

 

ただし、男性も女性も時間帯によって準礼装が変わるので注意!

 

また、両家で格を揃えるなどの都合から、兄弟や姉妹の服装は新郎新婦や両家で事前に話し合っておくと良いでしょう。


******************************************************


【阪急ウェディング ドレスサロンでは、ご列席者様の衣装レンタルにつきまして、モーニング、黒留袖のみ取り扱っております。ご了承くださいませ。】

この記事をシェアしよう

結婚式場を探す
SEARCH
エリアから式場を探す

記事カテゴリー 一覧

CATEGORY LIST